伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ムチカラマツエビ

ムチカラマツエビ

ムチカラマツに棲んでいるムチカラマツエビです。
海の生き物にはこんな感じの
まさに「まんま」な名前がついている生物がけっこういます。
とっても覚えやすいですね^^


この1本のムチカラマツには、
今年の最盛期にはなんとこのムチカラマツエビ(メス)の他に、
前回登場のイボイソバナガニ、キミシグレカクレエビ、
ムチカラマツエビ(オス)、ガラスハゼの幼魚2個体がついていました。
とっても人気の物件だったのでしょうね^^

その頃からこの子は根元付近がお気に入りのようで、
いつ見てもここにひっそりとしがみついています。


スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/26(水) 07:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カクレセンコウカイメン(かな?)

P6290067.jpg


カクレセンコウカイメンと書きましたが、あっているんでしょうか?

毎年この時期になると、黄金崎公園ビーチの奥の方の浅場で、こうした黄色のびろ~んとした物体を垂れ流します。
恐らくこれは放精か放卵だと思うのですが、波や流れであっちこっちにひっついています。

カイメンの仲間は岩肌に付着して生活する種が多いのですが、このカクレセンコウカイメンは外にあるのははみ出した分で、むしろ岩の中に本体があることが名前の由来なのだとか。
不思議な生き物ですね。

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2007/07/05(木) 08:17:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Nembrotha sp.

061207nembrotha.jpg


 沖の19mのケーソンにまたまた珍しいウミウシがついています(^o^)丿
調べてみると『沖縄のウミウシ』ではトサカリュウグウウミウシの幼体とされ、ラドマン博士のサイトでは別のsp種とされているようです。
とりあえずその経緯がよくわからないのでここではリュウグウウミウシ属の一種ということで紹介させてもらいます(^^ゞ

 ウミウシは季節によって移り変わりがダイレクトに感じられる生き物ですが、この種もそうで、大瀬崎などのポイントでもやはり少し深めに生えるフサコケムシ近辺で最近発見されているようです。
ホントおもしろいですよね~。


======================
学名:Nembrotha sp.
分布:インド・西太平洋・晩秋~初冬に西伊豆
======================


おもしろいな~と思っていたら、今度は黄金崎にハクセンミノウミウシが出現しました。このウミウシは去年もこのぐらいの季節から観察されています。
いや~、ホント不思議です。

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/12/07(木) 08:53:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハナショウジョウウミウシ

06-02-09hanasyoujouumiushi.jpg



ログにも度々登場していますが、ちょっと変わった形の珍しいウミウシです。こんな形してますが、実はミノウミウシの仲間じゃないんですね~^^


===========================
ハナショウジョウウミウシ
学名:Madrella gloriosa
裸鰓目タテジマウミウシ亜目ショウジョウウミウシ科
===========================


や~ん、グロい~」と引くゲストもいれば、
「おおっ、きれいだ!!」と食いつくゲストも・・・。
価値観というのは人それぞれということですね^^;
ちなみに自分は青がきれいだなぁと思うほうです(笑)
背側突起を通常は丸めていますが、うねりがあったりすると
立てている姿を見ることが出来ますよ^^


はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/02/09(木) 17:21:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ベニクダウミヒドラ きれい

ベニクダウミヒドラ


つい最近
きれいだな~と思いながら
この生物が増えているのに気がついた。
おそらく
生物に興味のない方には
植物に見えるかもしれない。
どっちでもいいことかもしれない。

たくさんあると不気味な感じもするが
こうやって
数本でひっそり生きていると
綺麗だな~と感じるのは
私も変わっているのかな??


漁業関係者には網に付着して目詰まりさせるらしく、嫌われているようである。
「相模湾の定置網における付着生物ベニクダウミヒドラの成長について」で詳しくかかれていました。
http://www.agri.pref.kanagawa.jp/SUISOKEN/pdf/SUISKN/suiskn1-09.pdf
これに寄れば
17度以下の水温と27度以上の水温では付着が見られなかったと書かれている。
今年は12月に入って転がるように水温が下がっているので、12月半ば頃の水温17度辺りで付着したのかな??
成長も早そうである。

===========================
ベニクダウミヒドラ
Tubularia Mesembryanthemun
刺胞動物門 ヒドロムシ網 花クラゲ目クダウミヒドラ科
===========================




はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/01/07(土) 18:15:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。