伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カゲロウカクレエビ

061022kageroukakureebi.jpg



秋になるとどこからともなく忽然と姿を現す生き物たちがいます。
このカゲロウカクレエビもそんな生き物の仲間です。

ガヤの仲間につくようですが、
黄金崎では写真の刺さないガヤによくついています。
透明な上にご丁寧にも体の中央に線が入っているので、
ガヤの幹にいるときはとてつもなく探しにくいです。
中深度にいるそうですが、安良里の個体は浅い場所で暮らしているみたいですね。


====================
カゲロウカクレエビ
学名:Periclimenes galene
分布:伊豆半島以南・インドネシアなど
====================


季節限定の今の見所なので、
見たい方はガイドさんにお願いしてみて下さいね~(^o^)丿

スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/10/22(日) 10:31:48|
  2. 旬のエビ・カニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミノカサゴ

061004hanaminokasago.jpg



黄金崎ビーチにとってもかわいらしいアイドルがやってきました(^o^)丿
ミノカサゴの幼魚です。
まるで飴細工やガラス細工のように透明感溢れる体です。
大きさはわずか2cm。
う~ん、うっとり・・・(*^_^*)(笑)


============
ミノカサゴ
学名:Pterois lunulata
分布:北海道南部以南
============


きれいな花には毒があるという言葉通り、強烈な毒を持っています。
動きが鈍いので捕まえることもできるのでしょうが、もしやってみた場合、手が腫れ上がること請け合いです。

ミノカサゴとハナミノカサゴの見分け方でお悩みの方が多いと思いますが、実は案外相違点があるんですよね。
なかなか2種が並んでいることはありませんが、水中やエキジット後のログ付けでよ~く観察してみるとおもしろいと思いますよ^^
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/10/04(水) 09:06:40|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マスダオコゼ

061002masudaokoze.jpg


珍しいマスダオコゼがペア(?)で確認されていますよ(^o^)丿

真っ黒い体につぶらな瞳で人気も急上昇・・・はしていませんね(^^ゞ
黒くて薄い体型と体色が災いしたのか、見ても「ふ~ん」で終わってしまう気の毒な魚です。
でも玄人にはウケる魚なんですよ(笑)


===============
マスダオコゼ
学名:Cocotropus masudai
分布:伊豆半島・八丈島
===============


学名と和名に冠されている「マスダ」は、
実は益田一氏のマスダではなくて、
最初のマスダオコゼの採集者であり、
日本産マハタ属の分類に先駆的な業績を残した故増田繁雄氏に
ちなんだものなんだそうです。
(I.O.P. DIVING NEWS 第8号より)

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2006/10/02(月) 15:47:42|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。