伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハナミノカサゴ

PB190077.jpg


ミノカサゴの赤ちゃん同様、ガラス細工のように繊細な美しさを持つのがこのハナミノカサゴの赤ちゃんです。
色合い的にミノカサゴが白っぽい透明なのに対して、ハナミノカサゴの方は若干ピンクというか紫がかった透明なお肌をしています。

・胸ビレ第二棘と第三棘との間の斑紋が二つ並ぶこと
・体を横切る横帯が細いこと
・横帯が目を横切り顎部にまで届くこと

などでミノカサゴの赤ちゃんと見分けることが可能のようです。
(もちろん軟条数でも見分けることが可能ですが^^;)

↓ミノカサゴ参照
http://araridc.blog41.fc2.com/blog-entry-44.html


========================
和名:ハナミノカサゴ
学名:Pterois volitans
分布:駿河湾以南
========================


いつ頃から黒くなるのか、できれば定点観察してみたいですね^^


PB190055.jpg


スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2007/11/26(月) 07:58:15|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スズメダイ

DSCF1089.jpg



毎年、夏から秋にかけて、沖の根に大きな群れを作るのがこのスズメダイです。
巨大マダイとともに沖の根定番の魚ですが、どちらもそれなしでは沖の根が語れないほど重要な、まさに隠れた主役ともいえます^^
仮にスズメダイやマダイなしの沖の根をちょっと想像してみると、なんとも味気なくなってしまいませんか?


==================
和名:スズメダイ
学名:Chromis notata notata
分布:千葉県・秋田県以南 東シナ海
==================


夏になり繁殖の準備ができた成熟個体は、ビーチやボートのゴロタへ移動し、オスが産卵床を作ります。このときオス同士の縄張り争いなどの闘争が起こり、ゴツゴツと口をぶつけ合うこともあります。

メスは移動しながら、気に入った産卵床で産卵を行います。
このときマツバスズメダイほどではありませんが、ちゅっちゅっと口づけをし合う雌雄のラブシーンを見ることができます。


低水温にも強い種類だそうで、山と渓谷社の『日本の海水魚』によると、8℃もの水温に耐えることができるのだそうですよ。

写真はガイドゲストの谷川徹さんにいただきました。ありがとうございます(^o^)丿

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2007/11/12(月) 07:42:51|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キリンミノカサゴ

PA300117s.jpg


2007年に多かった魚の一つがこのキリンミノカサゴです。
やはり季節来遊魚に含まれるこの魚の成魚は、こちらではなかなか見かけることがありません。


==============================
和名:キリンミノカサゴ
学名:Dedrochirus Zebra
分布:相模湾以南 インド・太平洋海域の岩礁域やサンゴ礁域
==============================

和名の由来は長いまつげからでしょうか?
学名はゼブラでしましまですね。

ひっそりと岩の陰で暮らしている魚ですが、警戒するとヒレをむにむにと波打つように動かします。きれいな胸ビレをアップで撮ってもいいですね^^ミノカサゴの仲間はけっこう好きな魚です。

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2007/11/02(金) 07:22:05|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クロホシフエダイ

PA300038.jpg


クロホシフエダイはだいたい例年やってくる季節来遊魚です。
小さな若齢個体は昨年も観察されましたが、今年の個体は20cmほどもあり、2個体並んでいちゃいちゃ(?)しておりました^^


========================
和名:クロホシフエダイ
学名:Lutjanus russelli
分布:南日本以南 沿岸の岩礁域やその周りの砂地
========================

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2007/11/01(木) 17:14:21|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。