伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サビハゼ

P1250095.jpg


年間を通して一番水温が下がるこの時期、比例して魚も少なくなっていきます。
そんな冷たい海の中で、熱い恋の炎が燃え上がるのがこのサビハゼです。

お腹がぽっこりしたメスがびしばしとオスをしばいたり、体当たりしたりと、
けっこうハード目の意思表示を行います。
その後無事にお互いに合意が得られると、オスが手塩にかけて手入れしている産卵床へと
首尾よくゴールイン☆というわけです。


=========================
和名:サビハゼ
学名:Sagamia geneionema
分布:青森県の太平洋・日本海側~九州・瀬戸内海
=========================


産卵は岩の下にオスが掘った穴の中で、天井の岩の壁面に向かって行います。
ちょうど昔のギャグマンガの鼻水が、ぶら~んぶら~んと下がっているような感じで、
天井に卵は産み付けられています。

そのため我々ダイバーが外からどんなにがんばって覗き込んでみても、
中の様子をうかがい知ることはできません。


もし、どうにも中が気になったとしても、
できれば岩をひっくり返したり持ち上げたりしないでください。
巣を壊されたオスが、そのまま卵と巣を見捨てて育児放棄してしまうことが多いのです。


また、外光にさらされたり、ライトで照らした刺激によって、
卵がハッチアウトしてしまうこともあります。

このことが、自然に孵化することに比べて、早産のように未成熟な状態であるのか、
それからどのぐらいその後の仔魚の生存率に関わってくるのかはわかりません。

ですが、やはり我々ダイバーは、海にお邪魔させてもらっていることを忘れないで、
生物に対しても敬意を持って接しなければならないのではないかと思います。


海の不思議を解き明かしたいという醍醐味を達成させるためには、
できるだけ生物に対して負荷をかけない形が望ましいのではないでしょうか。

ダイビングの醍醐味の一つは、あるがままの自然や野生を間近で垣間見れること。
人工的なハッチアウトよりも、自然なハッチアウトが見れたほうが感動もひとしおかと思います。
海の環境や生物に優しいダイバーは、かっこいいですよね^^


スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/27(日) 13:02:47|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオウミウマ2

P1180146name.jpg


寒い日が続いてますね~(>_<)
海の中も年間最低水温付近となっていますが、
透明度は年間で最高の状態になっています♪

タツの仲間はカメラを向けるとうつむいたり顔を背けたりするのが常なのですが、
今回黄金崎公園ビーチに登場したこのオオウミウマは、このタツの仲間としては異例の男前です。
まったく物怖じせずに、男前にぐいっと胸を張って、ポーズすらとってくれたりします。


=================
和名:オオウミウマ
学名:Hippocampus kuda
分布:伊豆半島以南 インド・太平洋域
=================


P1180152name.jpg



・・・でもまだ子供なので、こんな風にあどけない表情も見せてくれますよ^^
今個人的にイチオシです♪


はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/19(土) 08:12:16|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セボシウミタケハゼ

PC161057b.jpg



黄金崎公園ビーチの最果てに、ちょっと変わったセボシウミタケハゼがやってきています。
体長は5cmほど。首の後ろが盛り上がっているように見え、体高も高めです。
パッと見ではずんぐりした感じに見えますね。

下の写真のいわゆる典型的なセボシウミタケハゼとはちょっと違いがあるように思えますが、
『神奈川県立生命の星・地球博物館』の瀬能さんのお話によると、
(背ビレの明瞭な黒斑に限らず)背ビレ基底に黒色の色素胞が見られれば、
今のところはセボシと考えてよいとのことです。


pic304.jpg



この今のところという限定の由来は、
1990年に標準和名が発表された『セボシウミタケハゼ』についての報告書で、
カラー写真が使われてなかったそうで、それが現在の混乱・混同につながっているのだそうです。
言い換えると現在セボシウミタケハゼとされている魚の中には、
数種類のよく似た種が混じっていると考えられているということです。


PC161046b.jpg



とまぁ難しい話はさておき、とてもきれいな目をしているこのハゼは、
いる場所はとても不便なビーチの最果てでありながらも生物好きなダイバーにけっこう人気があるのでした(^o^)


追記 1/27
その後の瀬能さんの修正により、
ウミショウブハゼ属の一種からセボシウミタケハゼに加筆訂正しました。


はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/01/03(木) 07:27:05|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。