伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イトマンクロユリハゼ

イトマンクロユリハゼ


クロユリハゼの仲間、イトマンクロユリハゼです。
黄金崎公園ビーチのこのクロユリハゼの仲間の中で、
数が多いのはクロユリハゼとヒメユリハゼです。

群れをよく見てみると、クロユリハゼの群れにはゼブラハゼが、
ヒメユリハゼの群れにはイトマンクロユリハゼが混じっていることがあります。


このクロユリハゼの仲間たちほとんどに言えるのですが、
近寄るのはなかなか難しく、岩場の近くにいる個体を狙うのがいいでしょう。


================
和名:イトマンクロユリハゼ
学名:Ptereleotris microlepis
分布:相模湾、伊豆半島、南日本
================


よく似たヒメユリハゼとの識別の仕方は、
ヒメユリハゼの尾ビレが燕尾型に伸びるのを覚えておくといいでしょう。

ヒメユリハゼが伊豆でも越冬する個体がいるのに対して、
こちらのイトマンクロユリハゼは、冬を越した個体を見たことがありません。

それでもこうして晩秋にはペアを形成し、
求愛行動らしきふれあいをしている姿には、
命の愛おしさを感じます。
スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/26(水) 08:07:26|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムチカラマツエビ

ムチカラマツエビ

ムチカラマツに棲んでいるムチカラマツエビです。
海の生き物にはこんな感じの
まさに「まんま」な名前がついている生物がけっこういます。
とっても覚えやすいですね^^


この1本のムチカラマツには、
今年の最盛期にはなんとこのムチカラマツエビ(メス)の他に、
前回登場のイボイソバナガニ、キミシグレカクレエビ、
ムチカラマツエビ(オス)、ガラスハゼの幼魚2個体がついていました。
とっても人気の物件だったのでしょうね^^

その頃からこの子は根元付近がお気に入りのようで、
いつ見てもここにひっそりとしがみついています。


はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/26(水) 07:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イボイソバナガニ

エビ・カニの季節となりました。
ビーチでもボートでもいろんなエビ・カニの仲間を見ることができます。


イボイソバナガニ


写真はイボイソバナガニの子供です。
実際の大きさは1cmちょっとといったところでしょう。

長い足。節くれだった甲羅。
往年のアニメのモビルスーツのようにかっちょいいですね^^


====================
和名:イボイソバナガニ
学名:Xenocarcinus tuberculatus
分布:相模湾以南のムチカラマツ類
====================


イボイソバナガニは、
額角の長さで雌雄を見分けることができます。
この個体は小さいからかもしれませんが、
額角が短いのでメスなのかもしれませんね。
オスはどこか外国のカブトムシみたいに長いです^^;

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/20(木) 15:55:33|
  2. 旬のエビ・カニ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マスダオコゼ

マスダオコゼ

以前黒いマスダオコゼが黄金崎公園ビーチに登場したことがありましたが、
2008年は白いマスダオコゼが登場しました。

これがまた擬態の達人で、
カエルアンコウの仲間が隠れているのを瞬時に見破る
ベテランガイド・インストラクターもたじたじ、戦々恐々です^^;

いるのに見えない、これはツライ!!
むしろ笑いがこみ上げてしまいますorz


===============
マスダオコゼ
学名:Cocotropus masudai
分布:伊豆半島・八丈島
===============


学名と和名に冠されている「マスダ」は、
実は益田一氏のマスダではなくて、
最初のマスダオコゼの採集者であり、
日本産マハタ属の分類に先駆的な業績を残した故増田繁雄氏に
ちなんだものなんだそうです。

けっこうよく間違われているようですが、
それだけ益田一氏の知名度が高いってことなんでしょうね。

(I.O.P. DIVING NEWS 第8号より)

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/05(水) 17:00:04|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオガラスハゼ

オオガラスハゼ

2008年はハゼの仲間の当たり年なのか、
いろんなハゼの仲間たちが来訪してくれています。

このオオガラスハゼは写真のヤギの仲間に特にたくさんついています。
ヤギのポリプをついばんで、産卵床にしています。


========================
和名:オオガラスハゼ
学名:Bryaninops amplus
分布:千葉県・相模湾以南の太平洋、インド洋
========================


最初に観察されたのは、確認できる範囲では9/19のようです。
着床後わずか一~二カ月程度でしっかり繁殖できるとは、
かなり成長が早いですね。
10月ごろからばんばん卵産んでいます。

はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/05(水) 08:54:53|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。