伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハリセンボン




西伊豆は12月としては殆ど記憶にないほどの低水温に見舞われています。
そんな中でも南のイメージのハリセンボンが見つかった。
寒いだろ~~~に

2003年だったかな?日本海を対馬暖流に乗って大量のハリセンボンが青森に現れ、さらに回り込んで太平洋にまで出現した記憶がある。
結構北に旅しているじゃん(^_^;)。
津軽海峡冬景色見たかな???
(日本海のほうが東北沖太平洋岸よりも海流の関係で温暖域の魚が北上しやすい)

===========================
ハリセンボン
フグ目ハリセンボン科
学名:Diodon Holocanthus
分布:津軽海峡、相模湾以南、全世界の温・熱帯域
日本産魚類大図鑑より
===========================


昔若かった頃
ハリセンボンやイシガキフグを見つけると
必ずと言っていいほど捕まえては膨らませて、遊んでいた。
膨らませてお客様に見せていると、女の子が口元に手を持っていいこうとしたので、私が慌てたこともあった。
フグの仲間の歯はとても硬くて丈夫!釣り針だって噛み切ることができるほど!!!うかつに口に手を入れたら大変なことになる。

そういえば
安良里の町にある駄菓子屋さんの入り口の軒先にハリセンボンのフグ提灯がたくさんぶら下がっていたな~~

どうしても
ひょうきんさやこっけいなイメージの付きまとう魚のである。
でも
好きな魚でもある。


写真提供 関原さま
スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. 2005/12/27(火) 17:58:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<ジョーフィッシュ | ホーム | ガンガゼ~目からウロコじゃなくてウンコ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://araridc.blog41.fc2.com/tb.php/7-a6c5d8ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

暖流

暖流海流(かいりゅう)は、地球規模でおきる海水の水平方向の流れの総称。その性質により、暖流と寒流の2種類に大別される。海流が発生する原因は諸説あるが、大きく分けて表層循環と深層循環がある。表層循環と深層循環の意味は、メカニズム的に論じるか
  1. 2007/06/21(木) 14:45:42 |
  2. みことの記録

ハリセンボン

ハリセンボンハリセンボン科 Diodontidaeハリセンボン ''Diodon holocanthus''生物の分類|分類界:動物界 Animalia門:脊索動物門 Chordata亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata上綱:魚類|魚上綱 Pischformes綱:硬骨魚綱 Osteichthyes目:フグ目 Tetraodontiformes
  1. 2007/08/21(火) 05:09:59 |
  2. あおいの記録

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。