伊豆の海、安良里と黄金崎ビーチのダイビングで見られる、魚やウミウシなどの情報図鑑

伊豆の海の生物情報をコンデジやデジイチなどのデジカメ水中写真を使って解説しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イトマンクロユリハゼ

イトマンクロユリハゼ


クロユリハゼの仲間、イトマンクロユリハゼです。
黄金崎公園ビーチのこのクロユリハゼの仲間の中で、
数が多いのはクロユリハゼとヒメユリハゼです。

群れをよく見てみると、クロユリハゼの群れにはゼブラハゼが、
ヒメユリハゼの群れにはイトマンクロユリハゼが混じっていることがあります。


このクロユリハゼの仲間たちほとんどに言えるのですが、
近寄るのはなかなか難しく、岩場の近くにいる個体を狙うのがいいでしょう。


================
和名:イトマンクロユリハゼ
学名:Ptereleotris microlepis
分布:相模湾、伊豆半島、南日本
================


よく似たヒメユリハゼとの識別の仕方は、
ヒメユリハゼの尾ビレが燕尾型に伸びるのを覚えておくといいでしょう。

ヒメユリハゼが伊豆でも越冬する個体がいるのに対して、
こちらのイトマンクロユリハゼは、冬を越した個体を見たことがありません。

それでもこうして晩秋にはペアを形成し、
求愛行動らしきふれあいをしている姿には、
命の愛おしさを感じます。
スポンサーサイト
はてなに追加 MyYahoo!に追加 livedoorClipに追加 Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

テーマ:海の生き物 - ジャンル:写真

  1. 2008/11/26(水) 08:07:26|
  2. 旬のサカナ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マスダオコゼを探せ! | ホーム | ムチカラマツエビ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://araridc.blog41.fc2.com/tb.php/88-601e8985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

伊豆 安良里ダイビングセンター

Author:伊豆 安良里ダイビングセンター
ようこそ伊豆・安良里と黄金崎の海へ!
安良里ボートと黄金崎公園ビーチの旬の生物の情報を楽しく紹介していきます♪

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。